トップ > blog > 夢について

まっすぐに目指す

2017/03/14

おはようございます

ブログの書き出しってみんないつ読むかわからないから

おはよう、こんにちはとか難しいので

次からはご機嫌いかがですか?にしようかな^^

 

さていきなりですが

僕は柔道が好きです

組み合いながら相手が出してくる技や狙いを察知してタイミングや間合いを図りながら相手を投げる

また相手もそのように投げようとして

投げることができれば嬉しい、投げられることも意外と相手の技に感心しながら自分の技のヒントとしていく楽しさ

相手を敬うとか、また競い合いながらお互いが一緒に強くなれるところとか

そういう武道の精神的なところも・・・

高校で始めた柔道も、もうすぐ25年経とうとしています

 

朝早くから元気いっぱいに活動できるのは、きっと柔道の朝練があったからこそ・・・

どんな場面でもやるしかないと開き直れるのは逃げることでは強くなれないと柔道が教えてくれたから・・・と

あらゆる場面で柔道が生きている気がします

 

 

尚武館吉本道場を開いたのが11月19日

あと数日で4ヶ月が経とうとしています

準備体操も補強運動も高学年が指示を出して

子供達だけで完結できるくらいまでになってきました

子供はどんどんと成長を遂げています

 

いつか、少年柔道したいなぁと考え出したのが23歳頃の頃でしょうか

バイタリティー溢れる兵庫県伊丹市の

師匠、森下先生に一生懸命ついて接骨院と道場、また飲みながら、たくさんのことを教えてもらった頃でした

 

高知に帰って来てから、当時の柔道練習生の中から

杉本美香というオリンピック銀メダリストが誕生しました

 

ロンドンオリンピックの壮行会や報告会に行けば

師匠をはじめたくさんの懐かしい方々といつも以上に

笑顔で喜びの再会ができて楽しい時間になりました

まさに美香ちゃんがオリンピックに出たことによって与えられた時間で

まさに強くなることとはこういうことかと思ったものでした

 

道場を持ちたいなぁといううっすらとした思いが

自分の道場からオリンピック選手を出す!

もちろん柔道だけでなく高知の希望、宝になるような人材を出す!

柔道に出会ってよかったなと一人でも多くの子供達に感じてもらう!

そんな明確な目標に変わった瞬間だったように思います

 

銀行と何度も交渉し、思いを膨らませそして伝えながら、やっとの思いで建ったこの道場への

思いはどんなことがあってもブレずにやり抜きたい

 

 

4月14、15、16日

尚武館初となる合宿を行います

小学生に二泊三日は長いのでは?と意見もありましたが

オリンピック選手を!地域の希望、宝を!という大きな目標があると

逆にこんな簡単な事業ができないわけないと思いました

 

普通のことをやってれば普通の人生、普通の柔道選手しか生まれない可能性が高い

仕方ないと言ってしまえばいつまでも仕方ない人生

できない理由ではなく、やる方法を考える

 

宮崎のある保育園では当たり前のように園児たち全員が逆立ちで歩ける

初めて見た人は驚くけど

その保育園ではそれが普通だから歩ける

 

 

しんどくてもしんどいことを楽しめる

普通に自分で考えながら頑張ることができる

目標を持って近づくための努力ができる

夢を大きく持てる

なんでも楽しんで挑戦できる

逃げない

幼いからと子供の可能性を勝手に決めつけずに

もっともっと尚武館の「普通」が大きく広がるように挑戦していきます

 

合宿の2日目には心を育む勉強会を開催したいと思って

img_3408

子供達に自分で目標を設定したり

もちろん指導員も保護者に取っても実りある勉強会にするべく

接骨院でもスタッフの研修をしてもらっている

459LABO山本代表と昨日、打ち合わせいたしました

 

美香ちゃんだけではなく

ウェイトリフティングの松本選手をはじめ

img_0520

八木かなえ選手などオリンピックを経験した選手や

それを目指す選手など

img_3412

一流選手に触れる機会に恵まれて

例外なく一流選手になればなるほど、どの選手も

心の強さや感謝する気持ちが強く素敵な方達ばかりだと感じました

 

心意気で心を育む勉強会を受けてくださった山本さんには

いつも甘えてばかりですが、まっすぐに目指して進みます

 

指導員や保護者にも

そして子供達にも、まだまだ助けてもらうことばかりですが

わがままにおつきあいしていただいて尚武館を良いものにしていきます