トップ > blog > 子供について考えたら

子供について考えたら

2018/02/15

5日に続いて19日の東高校での授業を行うため

幼い子供のことを考えていると

非常に考えさせられることが多いです

 

小さな子供が道を歩く時

たくさんの初めての出来事が目に飛び込んできます

小さな虫を見つけたり

水たまりに入ってみたり

小石をけったり、持って投げたり

好奇心や探究心、チャレンジする力の表れ

それにしっかりと付き合い見守ることで子供は

安心感やそれでもいいんだと肯定感が育まれる

 

 

 

我々大人もでも初めてのことやしばらくしていないことに、そっと踏み出してみる

普段車で行く道を、ゆっくり歩いたり、電車に乗ったりするだけで、簡単にたくさんの刺激が目や耳から入ってきます。

ゆっくり空を眺めたり

図書館で全く興味のないデザインの本に手を伸ばしてみたり

誰かが誘ってくれたことにも、じゃあ、やってみようかなっ!って

しばらくしていない運動も、心の刺激だけでなく体にもいい刺激があります

ぜひSoLaBoへ笑

毎日を同じように過ごせば、それだけ心は老ける

忙しさに諦めなくても、求めれば、身近にいろんな刺激がたくさん見えてきます

東高校の生徒にどのようなことが伝えられるか、それはもちろん大事だけど、1番ご褒美が与えられたのは、お願いされた二日間の外部講師を受けた自分自身だと改めて思う

まだまだ41歳、若々しく成長したい

まだまだ柔道指導も向上しなければと反省点も多いですが
子供の特性を学ぶことでさらに伸ばしていきましょう^^

これからも挑戦していきます(=^x^=)

 

img_8123
img_9311img_9486
19日は子供達と一緒に写真撮らせてもらいたいな^^
(女性教諭1名女子生徒28名男子生徒1名笑)
資料作り今から頑張ります^^

よしもと接骨院!
Papa­‐judo­‐manと仲間たち